dollarphotoclub_86024437

ITエンジニアとして活躍の場を広げていきたいと考えている人は、専門スキルの強化が必須です。
活躍領域を広げるためにも特に押さえておきたいスキルについて、まとめてみました。

HTML

WEB構築の基礎となるHTMLは、インターネットサービスを知る上で押さえておきたい知識です。
近年、WEBプログラムを組む上では、必ずしもHTMLを使用するとは限らなくなってきましたが、根幹となる知識・スキルとして身に着けておきましょう。

CSS

HTMLとの関連性も深い、WEBプログラムの必須スキルです。
CSSを使用することでわずらわしい管理も楽になるため、作業の効率化を図る上でもぜひ習得しておきたいですね。

Java

使用機会の多いプログラム言語であるJavaも、身に着けておきたいスキルです。
あらゆるシーンで活躍するため、基礎知識として理解できていると他の言語の理解もスムーズになります。

PHP

Javaなど使用頻度の高い言語が理解できてきたら、次の一歩として踏み出してみたいのがPHPです。
未経験者の理解を助けてくれるテキストも多く展開されているため、プログラミングにまつわるスキルをとりあえず取得したいという人も比較的手を出しやすいはずです。

番外:英語

具体的な言語とは趣向が変わりますが、知っておいて損がないのが英語です。
初見のプログラム言語でも、英語の理解力があれば具体的なイメージが湧きやすくなります。
使用する言語の本質的な理解を助けてくれるため、英語を身につけることで作業の効率化にもつながります。

まとめ

活動幅の広いITエンジニアは、それぞれに専門分野を深める力が求められます。
基礎スキルを身に着けておくことは、専門領域の理解にもつながります。
もちろん、活動幅をさらに広げる上でも効果的なので改めて基礎スキルを見直してみてはいかがでしょうか。